HOME>お役立ち情報>資格取得でライバルに差をつける!医療事務を目指す方必見情報

資格取得でライバルに差をつける!医療事務を目指す方必見情報

面接

医療事務の仕事とは

医療事務の仕事は病院や薬局などの医療機関で治療費や薬代などを算出することが主な仕事です。これは国家資格を必要としている仕事ではありません。そのため、資格を持っていなくても働くことは可能です。しかし、働く場所が医療機関という特に重要な知識を必要としている場所なだけに、医師や看護師など専門職の人と同様に知識はきちんと持っておくことが求められています。現在医療事務は学校だけでなく通信教育でも学ぶことができます。診療や注射などの医療行為と薬価と呼ばれる薬の金額など、学ぶことは専門的です。それだけに、実際に就職をしたいと考えたときには、医療事務の一定の知識を学んだという証明にもなる資格を持っていたほうが良いでしょう。

履歴書

医療事務として働く際に役立つ資格

資格が不要の医療事務ですが、最近は就職する際には資格を持っているべきだと多くの人が考えています。医療機関で働くから専門的な知識が必要だということだけではなく、その資格を持っていることで得られるメリットがあるからだとされています。学校や通信教育で学んで取得する資格は民間の資格です。基礎的な知識の習得だけでも一定のコースを修了したとみなされその資格を得ることができますが、さらに医療事務関連の資格はいろいろあります。まず収入面でのメリットが得られるかもしれないのがレセプトと呼ばれる診療報酬明細書の点検業務や医療コンピューター技能などがあります。また、キャリアの幅を広くするために医療秘書技能、調剤事務管理師技能などもあります。いずれにしても、資格は不要とされても敢えて資格を取得することで収入面が上がったり、自分自身のスキルアップにつながったりすることもあるということを知っておくことは必要かもしれません。